2017年06月18日

2017.6.17(土)対戦会記

かつおのたたきにトマトソースをかけてはいけません。
こんばんはDDTです。

6月17日対戦会の参加者は
4研DDT
キング
千鳥
(敬称略)

最近恒例となってきた僕とキング君の50本ですが、
キング 50-37 DDT
という結果でした。僕は基本的に凝視ノールックなので
相手のぷよが上手いかどうなのかさえさっぱりわかりませんが、
全く上達せずに横ばいの僕に対して徐々に本数差を広げていってる
キング君は、相対的に見て確実に上手くなっていると思います。
もっともっと上を目指して、あいつとかあの野郎とかを倒してほしいですね。
そうやって、上位同士で刺激し合うことを続けていってほしいです。

さて、今回の対戦会をもって、わたくし4研DDTの参加は最後になります。
9年半住んだ広島のマンションを引き払って、実家近くの滋賀に定住の
地を定めます。ビバーチャ・アミパラをメインとしたいわゆる
「千鳥体制」の広島ぷよ対戦会に参加させてもらって1年半に
なりますが、たくさんの人と対戦したり飲み歩いたりすることができ、
本当に楽しかったです。ありがとうございました。

15年以上前は僕自身が対戦会というものを発足させ、人の集まり
というものをそれなりに作ってきた過去がありますが、近年は
そういう対戦会運営は全部若い衆(といってもアラサー)の世代に
任せて、僕が体制を作るようなことはしないようにしてます。
ぷよというのは10代20代といった若いプレイヤーのためにこそ
あるべきだと思うので、彼ら自身、あるいは彼らと直接接している
世代の人たちが「自分のやりたいこと」を老人の意見など気にせずに
そのまま行っていく環境こそが最高だと僕は思います。

2017年現在もぷよの対戦会というのはまだまだ各地にありますが、
本来対戦会というものは、「やりたい奴が集まりを作る」という
ことから始まるものです。なので、「対戦会はこうあるべき」という
ような決まった形はありません。ACガチで集まるもよし、
大会などのイベントを多く開催するもよし、初心者へのケアに
重点を置くもよし、e-sportsを視野に入れるもよし、さらに言えば、
ゲーセンではなく人の家に集まる形態でもよし。
我々一つ一つの対戦会は、何か大きな一つの「日本対戦会組織」の
下部組織ではありません。他の対戦会の形式に何もかも従うのではなく、
やりたいようにやればいいんです。
何事も、人がやりたいようにやってできあがったものこそが、
最高に魅力のあるコンテンツだと僕は信じています。

そんな観点から、僕はビバーチャ閉店の際に、「僕がACぷよ通をやりたいから」
という理由で、主に千鳥さんにゲーセンとの交渉等をお願いして、
アミパラでのACぷよ通対戦会を継続してもらいました。その節は
本当にお世話になりました。この先もアミパラ対戦会が続くのか、
それとも別の形に変化するのかはわかりませんが、ぷよが好きな人が
自分のやりたいことをやり続けていれば、何らかの形で
このぷよを中心とした人たちの素晴らしい集まりは残り続けると思います。

それでは、ごきげんよう。
posted by 廣島ぷよぷよ連合会 at 22:54| Comment(0) | 対戦会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

2016.8.20(土)、27(土)対戦会記

腹が痛くなってきたわ! こんにちはDDTです。

まずは20日。えーと、僕とぢおさんで100本やりました。おしまい。

そして27日。列強争覇戦広島地区予備予選が行われました。
結果の方は一つ前の記事を見ていただくといたしまして。

6人での総当たりリーグ戦だったんですが、いやぁ白熱しました。
みんな常日頃、ひそかにライバル視していた相手も居たんじゃないかと思います。
その思いを今こそぶつけるべし! 全15試合、一つも気を抜ける試合は無く、
自分の出番じゃない試合も全員で見入って一喜一憂していました。
いいですね〜、こういう感じ。

特に、列強予選進出をかけた4位争いは熾烈を極めました。
自分の試合だけではなく他人の試合の結果によっても順位が簡単に逆転してしまうほどの
混戦模様だったので、途中結果を頻繁に確認しつつ、あと何勝すれば、いやいや
ここであの人が勝ってくれれば負けてくれれば順位が変わる可能性がもごもごもご、
と計算しながらの大熱戦。リーグ戦の醍醐味ですね。

今回、まぁ運営というほど大したアレではないんですが、一応僕が試合順を決めたりして
進行させてもらいました。全員の協力のおかげでスムーズに進行できてとても助かりました。
この場を借りて、あらためてありがとうございました。

そんなこんなで列強予備予選も終わり、メシは焼肉カオリちゃん。
タレを甘口にするか辛口にするかを選ぶ時点でもうすでに、
なんか店のおばちゃん激おこです。注文言うのもたもたしててずびばぜん。

肉を食い終わってからは店に戻って通常の対戦会モード。
最初にくじらvsぢおの20本先取でくじら君が勝利した後野試合になったんですが、
くじらvs千鳥・DDT・鯉留の1対3で、本数のカウントが63-9・・・。
なにこれ、どうやって勝つの? 死ぬの?

死に過ぎたからというわけではないんですが、朝からいろいろ動き回って力尽きたので、
市電ルートの終電22:50に間に合う時間に早めに撤収しました。
おつかれさまでした〜。
posted by 廣島ぷよぷよ連合会 at 14:22| Comment(0) | 対戦会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

2016.8.13(土)対戦会記

ふんがーふんがーフランケン
ざますざますのフランケン
ウォーでがんすのフランケン
おれたちゃフランケン3人組よ〜
こんにちはDDTです。

8月13日対戦会の参加者は
鯉留
4研DDT
キング
りと
千鳥
くじら
(敬称略)

先週に引き続き、西条から鯉留さんが来てくれました。モチベ高いっす。
ぷよを打つごとに、「前の試合のような負け方はしないように」
「次はこういう試合展開をするように」という明確な意思で
1試合1試合進化していく様子はすばらしいものがあります。
思ったことをすぐに試合で反映できる若さって、いいなぁ。

お盆は帰省の季節なので、広島に帰って来たり、逆に広島から地元に
帰って行ったりで、メンバーにもいろいろ変化がみられます。
そんなわけで、広島に帰省中のりとさんが来てくれました。
やっぱり女性が居ると華がありますね〜。普段おじさん率が高い
対戦会なので、いい感じに中和してくれて助かりました。

晩ご飯は焼肉カオリちゃんへ。店のおばちゃんがいろいろ絡んでくる
アレな店ですが、肉は美味いし酒は飲めるしのんびり語り合えるし、
人が多い時はついついここを選んでしまいます。

メシ後はレアキャラのくじら君が来てくれました。
やはり僕らよりは1段も2段も上のぷよ。
上手い人のぷよを見てるといつも思うのですが、理解不能なほど
難しい連鎖というわけではなく、手順や形の選択がわずかに
違うだけなのに、その積み重ねで出来上がったモノが全然違う。
根本に流れる置き方の思想が違うからだと思うんですが、
その思想を理解してから置き方を勉強するか、それとも
とにかく真似をしてみて思想を少しずつ理解していくか、
道は大きく分けてその2通り。いずれにせよ、もっと深く
ぷよを勉強していきたいものです。

さて、GTRなどでよくある暴発。
暴発回避1.png
右下の青の暴発を回避するために、4列目に赤青を追加。
最近では動画などでも見慣れた形ですが、初めて見たときは
なるほど〜と思いました。まだ会得してない人は、是非。

で、この回避の仕方に関連した面白い試合が、ようかん vs Tomの動画にありました。
・・・が、元の試合が何分何秒のどれだったか発見できなかったので、
大体こんな感じだったっていう図を。
暴発回避2.png
左の図から伸ばしていく状況で、緑をこんな感じ。4列目の上のほうに色を
補充していく発想はさっきと同じですが、これはやむを得ない暴発回避ではなく、
下の緑を敢えてここで使い切ってから上で追加するという発想。
暴発回避やミスのリカバリーのような、いわゆる「普通ではない」状況を
拡張して掘り下げた結果、思いもよらなかった最善手が生まれてくることも
あるんだなーと思った試合でした。


posted by 廣島ぷよぷよ連合会 at 19:08| Comment(0) | 対戦会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする