2016年06月13日

2016.6.11(土)対戦会記

部下の手柄は上司の手柄、上司の失敗は部下の責任。こんばんはDDTです。

最近、対戦会前にラーメン「我馬」で腹ごしらえをするのがパターン化してるんですが、
この日はなんかやたら我馬モチベが高くて、12時我馬、13時アミパラって感じでした。
ぷよ対戦の人が集まるのは夕方頃なので、一人でずっと60クレジットほどぷよ通の
スコアアタックをやってました。

しかし僕は徹夜明けだったので、プレイ中しばしば手が止まって口が半開きでした。
起きながらにして寝ているというやつです。そうやって半寝状態で時間を潰してたら
キングさんが来てくれました。さあヤりましょうヤりましょう、対戦をヤりましょう。

とりあえず30本先取でGO。対戦でも半寝状態になるかと思いきや、なんか変に覚醒。
死ぬ前の最後の力を絞り出した感じ。というか、キングさんのぷよが普段よりも
キーぷよの確定が多く、仕掛けが2〜3手遅いような印象がありました。
僕が速かったのかキングさんが遅かったのかはわかりませんが、
とにかくぷよってやつァ、手筋が2〜3手違うだけで劇的に勝率が変わり、
その2〜3手を追及することに膨大な練習量が必要なゲーム。そうやって少しずつ
上達した先には、今までとは違う「戦局の掌握感」というものが得られます。
もっと上を、もっと上を。どんなレベル帯でも、一つ上のステージに
上がった時に見える新しい世界の広がりはとても素晴らしいものです。
また次の世界を見たい、そのまた次の世界を見たい・・・。そう思い続けるからこそ、
ぷよというのはやめられません。

30本が終わって席を立つと、知らない人達が対戦を開始。むむっ、新たな刺客かッ!?
ぷよはそこそこのスピードで置いていって、それなりに色がまとまってるけど、
あまり連鎖の形にはなっていない。色がまとまってるように見えたのは、両者甘口を
選んで3色で対戦してたからでした。蛙積みというほど適当ではないので、
上手くいけばものすごい攻撃が繰り出される予感・・・。対戦者の一方は、
ぷよを置きまくるだけじゃなく、2ダブ全消しなどをしっかり取ったりしてたので、
連鎖の形は知らないにしてもわりと消える形が見えてる感じ。

というわけで、どうやら仲間内の対戦のようでした。そういえば彼ら、さっきまで
鉄拳やってたような気が。ちょっとさすがに対戦会に誘えるアレではなかったですが、
こうやってぷよを楽しんでいるところを見ると僕もうれしくなります。
というか、連戦で台を占領してしまってごめんなさい。できるだけまわりに待ってる人が
居ないかどうか気を付けるようにします。なまじガチのぷよの世界を動画などを見て
知っていると、初心者が最初にぶち当たる壁は「連鎖の難しさ」。連鎖を組もうとして
手がゆっくりになって、しかしそれがうまくいかず、なんかしょんぼりしてしまいがち。
そこのところ、彼らは、仲間内でぷよぷよをしたことのある感じで、そこで自然に
見に付けた「こうやれば勝てる」というのを楽しく実践してる雰囲気でした。

ぷよを初心者にどうやって教えるかというのは我々の永遠のテーマですが、
「これが階段積みで、これがGTRで、催促というのがあって、・・・」
などと小難しく言うよりは、とにかく甘口でずっこんばっこんぷよが消える
爽快感を楽しんでもらうのが意外と近道かもしれません。そんなこんなを
考えるいい機会でした。

そろそろ24時間以上起き続けてることになるので、対戦は継続せずに僕は離脱しました。
このあと、入れ違いで千鳥さんが来てくれたようです。先に力尽きてずびばぜん。
次はちゃんと睡眠を取って、対戦会に臨みます。
posted by 廣島ぷよぷよ連合会 at 04:51| Comment(0) | 対戦会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

6月4日広島ぷよぷよ対戦会会期


どうも。対戦会当日に卒検に合格したキングです。
会期には何度も登場していますが、書くのは初めてです。
ですので適当に読んでやってください。


6月4日 広ぷよ対戦会参加者:DDT みら ちどり だーま キング の5人。


卒検に合格して気分がよかったので対戦会に乗り込もうとしたのですが、雨。
歩いていくのも市電で行くのも気がのらなく、あきらめかけていたその時!
ちどりさんが車を出してくれると言ってくれるではないですか。
早速お願いしてアミパラまで連れていってもらいました。


そして、ぷよ台に向かうとDDTさんとみらさんが連戦(?)をしてました。
それからすぐに僕とちどりさんもぷよを始めました。
一通り対戦した感じ、僕的に今日のみらさんは強いなという感じでした。
後で聞くと、「お前が弱いだけよw」と言われてしまいました・・・。
みらさんとはまた連戦したいところです。
その後だーまさんも来られて野試合してました。
だーまさんが前回よりも確実に上手くなっておられて少しビビりましたw


それから20時過ぎ頃だったでしょうか、ご飯を食べに近くの焼肉屋へ。
やっぱりお肉はいいね。焼肉おごってくれる人募集中ですよb


10時前くらいにはアミパラに戻って再び連戦再開してました。
開始早々ちどりさんが連勝して気持ちよくなってたので、わからせたかったのですが、負けました。
本当にこの日も僕はダメダメであまり連勝できませんでした。
本線を序盤から伸ばしすぎて2ダブにすら対応できずに負ける、みたいな展開が多すぎました。
自分の中の理想ぷよとやってることの差が大きすぎる気がしますね・・・。
やろうとしてることはそこまで悪くないと思いたい。
これに関してはもう少し考えときます。


なんか僕のことばかり書いてしまった気がしますが気にしない!
やっぱりぷよぷようまくなりたいのでお金と時間に余裕がある限りは
対戦会に参加していきたいなと思ってます。
VSでの連戦もやっていきたいですね。
では、会期はこのくらいにしておきます。
初めてで拙いところもあったかとは思いますが、ここまで読んでいただきありがとうございます。
では!

posted by 廣島ぷよぷよ連合会 at 15:09| Comment(0) | 対戦会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

2016.5.28(土)対戦会記

あんた、百舌の早贄って知ってるかい? こんばんはDDTです。

この日はたまたま人が少なかったので、サシで50本先取をやったあと、居酒屋へ。
車で来たせいで飲めなかった千鳥さんを放っておいて、勝手にがぶがぶ飲んでました。

おぷよぷよといえば、大体下は15歳、上が30歳くらいで、20代が実力の
ピークと言われています。アラフォーは長老、アラフィフは最長老。
柔軟な頭と素早い判断力でおぷよぷよを捌かないといけないので、
腰とか肩にキてる年齢層にはややキツいスポーツです。

一方、ネトゲとかソシャゲといわれる世界は、30代で若造、40代がピーク、
50代がアニキ、60代が長老、70代が最長老という感じ。主婦率は50%を超える。
そんな感じなので、ゲームの仕様を解析したり、緻密な作戦を練って
戦いに挑むなどもってのほか。みんなおじいさんなので、誰もそんな
ガチのゲームを望んでいないのです。そんな世界で約5年、
ガチ勢が僕一人という状態で戦争ゲームをやってました。
おじいさん勢から発狂メールをもらったこともあります。

おぷよぷよでも何でも、ゲームってやつァ本気でやってこそ面白いもの。
・・・だと今でも思ってるんですが、そうでない世界もあるんですねぇ。
posted by 廣島ぷよぷよ連合会 at 19:25| Comment(0) | 対戦会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする